わび太だより。~ワインと、ビールに、あと・・散歩?~

ワインとビールが大好物のわび太の日記です。安旨ワインとクラフトビール、東京散歩などをつづります。まったり続けようと思います。

フェウド・アランチョ ダリラ

先日のカクヤス厳選ワイン2本で3000円セットのもう1本。

お店の棚を見ながら「お、シチリアの赤ワインがあるな」と思いながら、適当にピックアップしましたが、家に帰ってよく見たら白ワイン。

時々こういうミスがあります。

 

フェウド・アランチョのダリラ。

 f:id:Wabita:20200927115153j:plain

ラベルにはシチリアの愛の唄の楽譜。

造り手のフェウド・アランチョはシチリアの安旨ワインの雄。2001年に生まれた新しいワイナリー。母体は北イタリアのトレンティーノにあるメッツァコロナ社(Mezzacorona)で、同社がシチリアの地元ワイナリーを買収して大きくしたようです。

ブランド名になっているアランチョ湖にほど近いサンブーカと、シチリアの東(アーカテ)にそれぞれ280ha、690haの畑を持っています。

 

さて、開栓。

ふわっとした香り。裏ラベルには「トロピカルフルーツの香り」とありますが、私には桃のような香りに感じられます。

セパージュとしては、グリッロにヴィオニエを混ぜているようですが、香りがふわっと華やかなのは、ヴィオニエから来ているのでしょうか。

 

味わいはいかにもグリッロという感じの柑橘系。

しかし、酸味がほどよく、適度な甘みとまったり感。

まろやかでとろっとした粘性があります。これもヴィオニエ由来でしょうかね。

ヴィオニエは単体ではなく、これくらいの方がしつこさがなくていい気がします。

時間を置くとどんどんまろやかに味が融合していきました。

 

バランスの良い非常においしワインでした。

これはリピート有りですな。

 

生産者:Feudo Arancio/フェウド・アランチョ

品名:Dalila Bianco Sicilia Reserva 2017/ダリラ・ビアンコ・シシリア 2017

種類:白

セパージュ:グリッロ、ヴィオニエ

生産国:イタリア

産地:Sicilia/シチリア

原産地呼称:Sicilia(DOC)/シチリア

アルコール度数:13.0%

価格:1760円(セット1650円)

評価:★8(★10~★1で評価)

南米のおいしいカベソー。ノートン レゼルヴァ カベルネ・ソーヴィニョン

休日。近所を散歩して、カクヤスに寄ります。

涼しくなってきたので、泡ではなくスティルワインを飲みたい気分。

金賞4本割引を引き続きやっていますが、歩きなので4本もって買えるのはちょっとだるいです。

厳選ワイン2本で税別3000円、というセットもあったので、こちらを選択。

 

さて、何にしようかなと棚を眺めると、ノートンというウィルス対策ソフトのような名前のワインに目が留まりました。

これにしましょう。

 

アルゼンチン、ボデガ・ノートンカベルネ・ソーヴィニョン。

f:id:Wabita:20200922121139j:plain

 

アルゼンチンのワイン事情に疎いので全く知りませんでしたが、ボデガ・ノートンはクリスタルで有名なスワロフスキーが所有する、アルゼンチンを代表するワイナリー。

 

アルゼンチンのワイン造りの中心地であるメンドーサに所在。

メンドーサはチリのサンティアゴアンデス山脈を挟んで直線距離で160kmしか離れていないんですね。東京と静岡の距離と同じくらいです。

 

このワイナリーは1895年創設と新世界にしては古く、ずっとノートン家が経営していましたが、1989年にスワロフスキーが買収。設備投資をするとともに海外に販路を拡大したようです。

アルゼンチンの赤はマルベックが有名ですが、今回買ったのはカベルネ・ソーヴィニョンです。

 

早速開栓。

一般的なチリカベとは異なる、陽性の中にも若干ボルドー的な良い意味での陰のある、落ち着いた味わい。タンニンも滑らかで飲み心地が非常に良いです。

フルボディで私好み。

 

とてもおいしくいただきました。

これはマルベックも飲んでみないと。

 

生産者:Bodega Norton/ボデガ・ノートン

品名:Reserva Cabernet Sauvignon 2018/レゼルヴァ・カベルネ・ソーヴィニョン 2018

種類:赤

セパージュ:カベルネ・ソーヴィニョン

生産国:アルゼンチン

産地:Mendoza/メンドーサ

原産地呼称:ー

アルコール度数:14.5%

価格:2068円(セット1650円)

評価:★7(★10~★1で評価)

Aはもはや不要では? ジャパンプレミアム マスカットべーリーA ロゼ

やっと秋らしいカラッとした天気になりました。

湿度が下がっで蒸れなくなったからか、街ゆく人も顎マスク率が減少傾向にある気がします。

 

さて、今日のワインは、登美の丘ワイナリーのセットから。 

ジャパンプレミアムのマスカット・べーリーA ロゼ。

f:id:Wabita:20200922110614j:plain

 

マスカットべーリーAは甘めのワインが多いので、辛口嗜好の私は普段あまり積極的には口にしません。

そういう意味で、これは「普段飲む機会のないワイン」なので、逆説的ですが楽しみにしていたワインです。

 

開けてみると、マスカットべーリーAの特徴的なイチゴの香り。

味わいは、ロゼなので赤ほどではないが、予想通り甘口のワイン。

ちょっと食事には合わせづらい。食後のデザートと一緒のほうがいいですかね。

 

すっきりした味わいで完成度が高いと思いますが、私としてはやはり積極的リピートはなさそうです。

 

ところで、べーリー「A」というからにはべーリー「B」もあるのだろうと調べてみると、1931年にべーリーAを生み出した川上善兵衛により、同時期にべーリーBは開発されたものの、すぐに廃れて既に存在していないようです。

 

それならば、もう「A」は取ってもいいと思うのですが・・・。

「農林1号」みたいな感じで工業的なニオイのする名前なので、エレガントさが欠ける気がするんですよね。開発時は未来感があり夢のある名前だったのかもしれませんが。

甲州と並んで日本を代表する品種であればなおさら。

  

生産者:登美の丘ワイナリー

品名:ジャパンプレミアム マスカットべーリーA ロゼ 2018

種類:ロゼ

セパージュ:マスカットべーリーA

生産国:日本

産地:山梨

原産地呼称:ー

アルコール度数:11.0%

価格:ー

評価:★6.5(★10~★1で評価)

むむ、酸っぱい・・。クラメール ブラン・ド・ブラン

カクヤスに行くと、10月から発泡酒の税率が変わるということで、買いだめをあおっています。3回、6年にかけて段階的にビール系飲料の税率を統一していく第一段階。

 

個人的には第3のビールの登場で日本の酒文化、ビール業界はおかしくなってしまったと思っているので、喜ばしいことだと思っています。

なんとかビールに味を似せようと奮闘されているメーカーの技術者のご努力には頭が下がりますが。

ビール系飲料の税率が統一されても、酎ハイが一番税率が低いのは変わらないので酎ハイへの流れは変わらなさそうですね。

 

さて、カクヤスに来た理由は第3のビールを買うためではなくワイン。

 500円スパークリングを買って帰ります。

 

クラメール ブラン・ド・ブラン。

f:id:Wabita:20200913141915j:plain

「ブラン・ド・ブラン」とありますが、500円スパークリングなので当然シャルドネは使われず、ユニ・ブランとアイレン

造り手は、GCFというところ。

ボルドーの南東、グラーヴ地区のランディラ(Landiras)というところにあります。

1979年創設の造り手で、買収を繰り返してフランス全土に畑を持っているようです。

このスパークリングも産地がよく分かりませんでした。品種的におそらく南西地方やラングドックで栽培されたものなのでしょうが。

以前飲んだまいばすけっとの安ワイン、アレクシス・リシーヌもここの系列のようです。

 

飲んでみると、かなり酸味が強い。

アイレンの特徴が良く出ているのでしょうか。

酸味が強く食事には合わせづらかったです。

食前酒として1杯だけ飲むならいいですが、食中酒として何杯も飲むのは厳しいかな。

  

生産者:GCF(Grands Chais de France)/グラン・シェ・ドゥ・フランス

品名:Kraemer Blanc de Blanc Brut/クラメール・ブラン・ドゥ・ブラン・ブリュット

種類:泡白

セパージュ:ユニ・ブラン、アイレン

生産国:フランス

産地:ー

原産地呼称:ー

アルコール度数:11.0%

価格:550円

評価:★6(★10~★1で評価)

秋を迎えて。喜多屋 純米吟醸 ひやおろし

9月になりました。

コロナ禍で夏らしいことをほとんどしないままですが、秋の到来です。

秋が来たと思ったら、なんだか日本酒を飲みたくなってきました。

 

酒屋さんでも、さっそく秋の風物詩、ひやおろしが出ていました。

久しぶりに日本酒を飲みましょう。

各種のひやおろしがありましたが、喜多屋のものがあったので手に取ってみました。

 

純米吟醸ひやおろし秋酒。

 f:id:Wabita:20200913113946j:plain

ラベルが喜多屋っぽくないのでちょっといぶかしみましたが、やはり福岡の喜多屋。

季節の限定ものはこのようなカジュアルなラベルになっているようです。

いわずと知れた、福岡県八女市の歴史ある造り手。

ロンドンのIWC(International Wine Challenge)でチャンピオン・サケに輝いています。

 

日本酒ならではのフルーティー吟醸香

そういえば最近日本酒の香りを嗅ぐことが少なくなったことに気づきました。

仕事関係の飲み会では日本酒を飲むことがよくありましたが、飲み会が激減したためです。

ワインに目がいってましたが日本酒文化も守っていかねば。

 

 口にふくむと、まったりとした味わい。

ラベルには「やや辛口」とありますが、白ワインの味に慣れていると、むしろ穏やかな丸まった味わいに感じます。

一口一口、旨味をしっかり味わいながら・・・。

 

9月とは言えまだまだ暑いですが、いつの間にか小さくなったセミの声を聞きながらおいしくいただきました。

 

生産者:喜多屋

品名:純米吟醸 ひやおろし 秋酒

産地:福岡県

仕込年月:令和2年

アルコール度数:15~16%

品種:山田錦50%、吟のさと50%

日本酒度:ー

酸度:ー

精米歩合:60%

価格:1540円

評価:★7(★10~★1で評価)  

2年前に飲んだのと違って好印象。アンジョス ヴィーニョ・ヴェルデ

今年の夏の暑さをしのぐために買った、京橋ワインの白12本セットも残りわずか2本。

これでは足りないかな、と思いましたが何とか8月末まで持ちました。

 

今日飲むのはそのうちの1本。

アンジョス・デ・ポルトガルヴィーニョ・ヴェルデ

f:id:Wabita:20200906135315j:plain

ヴィーニョ・ヴェルデポルトガル語で「緑のワイン」という意味。

と言っても緑色のワインではなく、「緑=若い、フレッシュ」という意味合いのようです。その名の通り、完熟前のブドウを使ったフレッシュなワイン。

造り手はヴィーニョ・ヴェルデの造られるミーニョ地方のキンタ・ダ・リシャ。


このワインを飲むのがこの順番になったのは、理由があります。

それは簡単な理由で、前に飲んだことがあったから。

話が飛びますが、ラーメン好きにはリピーター(お気に入りの店に通い続ける)とコレクター(まだ食べていない店を飛び回る)という2種類のタイプが存在するようですが、私はお酒で言えば比較的コレクタータイプ。

まだ飲んだことのないお酒の方に関心が向かってしまいます。

ということでこのワインは後回しに。

 

さらに、その2年前に飲んだ時の印象は、あまり良くありませんでした。

なぜならこのワインは微発泡。

微発泡は、酒であろうとジュースであろうと、何か苦手なんですよね。

炭酸なのかスティルなのか、なんだかはっきりしないのが気になってしまうので・・・。

同じ理由から、ランブルスコもあまり好みではありません。

 

さて、抜栓し、飲んでみると・・。

酸味がさわやかで心地良く、フレッシュ。

アルコール度数9.5%なので、軽くスイスイ飲むことができます。

前回気になった微発泡も、今回はあまり気になりません。

おいしく飲むことができました。

 

2年前も夏場に飲んだのでコンディションとしてはあまり変わらないと思いますが、この印象の差はなんだろう。食事との合わせ方の問題でしょうか。

前回は予備知識なく飲んだので微炭酸が気になってしまいましたが、今回は心の準備が出来ているからでしょうか。

 

やはり同じワインも何度か味わってみないといけないな、と思いを新たにしました。

 

生産者:Quinta da Lixa/キンタ・ダ・リシャ

品名:Anjos de Portugal Vinho Verde/アンジョス・デ・ポルトガルヴィーニョ・ヴェルデ

種類:白

セパージュ:ロウレイロ、トラジャドゥーラ、アリント

生産国:ポルトガル

産地:Minho/ミーニョ

原産地呼称:Vinho Verde(DOC)/ヴィーニョ・ヴェルデ

アルコール度数:9.5%

価格:(914円)(12本セットの平均)

評価:★7(★10~★1で評価)

シャルドネを使った安旨カヴァ。カスティーリョ・カンポ・アルシス

そろそろ9月になろうとしているのに、暑い日が続く・・・。

こういう日は、炭酸系ですな。

家の近くのカクヤスをのぞいて見ると、また新しい500円スパークリングが。

やっぱりスゴいな、カクヤス。

500円スパークリングばかり飲んでいるので、最近なんだが1000円台のスパークリングがスゴく高く思えるようになってきました。

 

カスティーリョ・カンポ・アルシス。

f:id:Wabita:20200830111201j:plain

トーレ・オリアというヴァレンシア州レケナ近郊のワイナリーが造っています。

DOカヴァは地域に縛られないからヴァレンシアでもカヴァを名乗れるんですね。

というかそもそもこのトーレ・オリアが最初にカタルーニャ州外でカヴァを造り始めたようです。

ワイナリーのウェブサイトには「Kaizen/改善」と書いてありなんだか親近感が湧きます。

輸入者はアシストバルールというあまり聞かない名前。

 

シャルドネを使っているからでしょうか。

酸味がマイルドになり、果実味がぐっと前面に出てきている感じがします。

ざっくり言うと、カヴァとシャンパーニュの中間的な味わいでしょうか。

シャンパーニュの方が好きな自分にとっては、これはリピートしたくなるカヴァです。 

 

生産者:Torre Oria/トーレ・オリア

品名:Castillo Campo Arcis Brut/カスティーリョ・カンポ・アルシス・ブリュット

種類:泡白

セパージュ:マカベオ、シャルドネ

生産国:スペイン

産地:Valencia/ヴァレンシア

原産地呼称:Cava(DO)/カヴァ

アルコール度数:11.5%

価格:550円

評価:★7(★10~★1で評価)